難しいことかもしれないのだけど。

今少し悩んでいます。
全身脱毛をしようと色々な脱毛サロンをチェックしているんですが、脱毛できる部位・できない部位があるらしいんですよね。
私は顔の産毛がすごいので、そこも重点的に脱毛してほしいのですがどこまでやってもらえるのか。

なんて、今日書きたかったのはこんなことではありません。
私の事ではなく、わが子の周辺のこと。
今は中学生でも鬱みたいなのになるんですよね。
不登校とはちょっと違うというか・・・。
体調崩して入院していた子が、学校には行かないのに、放課後の社会スポーツにはニコニコしながら来ているらしいのです。

娘も息子も、社会スポーツが大好きですから、当然早く行きたい。
でも学校も忙しいし、疲れることもある。
それでも何とか行っているのに、学校にもいかず、早くから会場に来てとても楽しそうにしているのを見ると腹が立つ、と。
まぁそりゃ当然です。

以前も学校にいたんです、そういう子。
勉強には来ない、でも給食のときだけ来る。
または、イベントの時だけ来る。
運動会などは周りが悲惨です。
練習していないからろくになにもできないのに、来たら団体競技にも参加させなければいけないでしょ。
当然できないのです。
みんな、勝つために一生懸命やってきているのに、その一人のおかげでやはり雰囲気が悪くなるし、ひどい時には、どうせそいつが当日来るんだろ、勝てもしないんだから練習もしなくていいんじゃない、といった感じになってしまったりして。

もちろん不登校やうつも、好きでなったわけではないと思います。
またそういう子に、周りに気を遣えと言っても無理なこともわかっています。
しかしながら、それならばなぜもう少し親がフォローしないのかと思う訳です。
子どもたちだって、ある程度事情を説明してくれればわかります。
納得いかない、と思ったとしてもきちんと理由があるならまだ納めることができるでしょう。
しかし、何の説明もなく本人だけ好きなようにさせていると、とばっちりがどれだけ来るのかを保護者は理解できていないのではないかと思います。
病気だから仕方ないでしょ、ではなくて、きちんと理解を求める行動をするのが本当なのではないか、と。

実際、以前子どもたちがいた学校に自閉症の子がいましたが、お母さんがきちんと子どもたちにも話てお願いをし、また、保護者にもきちんと説明をしてくれていました。
そのため、みんなでフォローすることができ、その子に対するいじめなどはまったくなく、むしろみんなが一生懸命サポートして毎日の生活を送っていたのです。
難しいと思うけど、わが子以外の事も考えてくれないかなぁ、と今悩んでいるところなのです・・・。

Comments are closed.