Archive for the ‘教育’ Category

日本の“風流”とは?

木曜日, 11月 22nd, 2012

マイナビニュースの連載コラム「外国人から見た日本」に「日本で風流と思うものは?」という記事がありました。
わびさびの文化である日本ではありますが、私も含めて若い人たちの間にはその日本的な和の心が欠落しているようにも思います。
それでも、なんとなくだけれど残っている日本の文化は、外国人にとって新鮮に見えるみたいですね!
しかも、日本人ですら忘れているようなことを「風流だ」と感じる人もいるようです。

■浴衣
夏に浴衣姿になることが風流だと仰る人がいました。
確かにあれは日本の風物詩の一つであるかもしれません。
でも、なぜ着るかと問われると、その意味合いを知るものはほとんどいない気がします。
私たちの感覚では、「お祭りや花火の時に着るもの」「旅館で着るもの」となっています。
ところが、歴史を調べてみると、本来は沐浴の為に作られたみたいですね。
混浴温泉で用意されているゆゆ着のようなものでしょうか?
でも、このゆゆ着も本来の目的は違うという…(笑)。
文化はどんどん変化していくものなのですね!
浴衣は奥ゆかしさの象徴でもありますが、それが出来ている女性はあまりいない気がします。

■風鈴
私は意外とこの風鈴の音が単調で物悲しくてうるさいと聞こえてしまう方です。
でも、中にはこれが落ち着くと仰る方もいますね!
涼しさも感じさせるとか?
今年のような暑さが続いている現代では、全く無意味な気もしますけどね。

■蚊取り線香用の陶器のブタの置物
蚊取り線香は部屋で使うと本当に臭いです(笑)。
でも、他のものよりも効果があることは確かですね。
今は使っている人も少ないと思いますが、確かに昭和の時代にはブタの置物は結構使われていた気がします。
置いてあったらそれは風流かもしれませんね。

■スーツ姿
意外な答えでした。
これのどこが風流なのかと思ってしまいましたが、ヨーロッパではスーツよりもジーンズを着用することの方が多く、ヨーロッパ人からすると風流に見えるようです。

人が寝ないとどうなるのか?

金曜日, 11月 9th, 2012

マイナビニュースに「何時間起き続けたことがありますか?」という記事がありました。
夜通し遊んだ記憶がありますが、それでも丸々1日(24時間)起きていたことはないような気がします。
どこかで居眠りをしているはずなので(笑)。

専門学校に通っていた時、児童心理学の先生が睡眠の実験について語っていました。
丸3日間絶対に眠ってはいけない実験アルバイトがあって、

お金はいいけど達成出来る人はほとんどいないと話していました。
人間は頑張れば3日くらいは起きていられるものですが、ふっと居眠り状態に陥ることがあるようで、

それだと実験が不成立なのだそうです。
そういう意味で金額が高く設定されていると話していました。

記事には11段階に分けて割合を示していました。
21~24時間が26%と一番多く、10時間以下の人から合わせると49.4%という結果になりました。
どんなに頑張ってもこれが限界値なのでしょうか?

21~24時間が一番多かったのは事実ですが、25~30時間も18.6%とそこそこ健闘していました。
しかし、どの方の経験を見ても、24時間を超えると脳にちょっとした障害が起こっていることが分かります。
「ボーッとしていた」「記憶が曖昧」「ハイテンションになった」などと支障が出てきています。

高速バスの居眠り事故でも問題になりましたが、人が睡眠をしっかり取らないと判断力が確実に鈍るのでしょうね。
仕事や勉強でどうしても眠れない状況に追い込まれる人は必ずいると思います。
でも、それをすることでかえって能率を悪くしていることはあるかもしれません。
私は眠気を感じている時に無理して仕事をしていても、後から直さなければいけないことが沢山出てくることに気付きました。
だから、眠い時はほんの15分くらい仮眠を取るようにしています。
それが結構能率アップしてくれるので、かなりお勧めです。