Archive for 10月, 2012

大切な大切な包丁

水曜日, 10月 31st, 2012

主婦の皆さんやお料理好きの皆さんが、絶対に持っているキッチンツールが包丁だと思います。
これはどこの家庭にもあるもので、なければ料理は出来ません。
中にはなくても出来ると仰る人もいるかもしれませんが(笑)。
この包丁、皆さんはどのようにして選ばれていますか?
結婚する時に親から頂いたという方もいらっしゃれば、とりあえず切れればいいからと引き出物等のパンフレットから選んだという方もいらっしゃいます。

しかし、包丁一つで料理の味が変わるのをご存知ですか?
嘘のような話ですが、本当のことです。
包丁は安いものではなく、いい物を使った方がいいのです。

私は料理に目覚めたのが非常に遅かったです。
母が病に倒れた時にやらざるを得なくなったので始めたのですが、やってみたら意外と面白い事に気付きました。
元々食べることは好きだったので、やってみて面白いと思うは当然かと思います。

最初は母が使っている木屋の包丁を使っていましたが、切れ味はいいのに母の癖がついているのかなんとなく使いにくかったです。
そこで、自分で包丁を買うことにしました。
当時話題になっていたのがGLOBALのオールステンレスの包丁です。
この包丁は決して悪い包丁ではないのです。
しかし、料理が上達していくにつれてあることに気付きました。
非常に使いにくい事に…。

オールステンレスは見た目がカッコいいし、錆びにくくて衛生的というのが売りです。
それは確かに言えますが、少しでも手が濡れていると切る時に上手く握れません。
これはやればやるほどストレスになっていきました。
「和食ばかり作る人は和包丁の方がいいのだな。でも、出来ることなら錆び難いものがいいな」と思った時に、料理教室の先生に紹介して頂きました。
東源正久とコラボした教室オリジナルの牛刀です!

今年は年末まで教室に行けそうにないので、送って頂きました。
名前入りです。
使いやすい!本当に使いやすい。
一気に料理が上手になった気分です。
購入して良かった~♪

恋人は二の次?!

日曜日, 10月 28th, 2012

女性よりも男性に多い感覚なのでしょうか?
「恋人よりも大切なものがある」という気持ちは(笑)。
でも、私はかなり昔から恋人(もしくは恋愛)よりも大切なものがあると思って生きてきました。
正確に言うと比べる対象ではないのですが、「どっちが大切なの?」と聞かれたら本当に困ってしまうほど天秤に掛けられません。

gooランキングに「正直恋人よりも大切なものランキング」という記事がありました。
男女どちらを対象にしたアンケートなのかが分かりませんが、多かれ少なかれ、誰にでもこういう気持ちが存在していますよね?

1位:友達
1位が友達ですか…。
私にとってはそれほど優先順位は高くありませんね。
大切ではありますが、ダブルブッキングしそうな予定があったとしたら、やはり恋人を選びます。

2位:家族
家族は大切なのですが、これも恋人と天秤に掛けられないような気がします。
恋人よりも家族の付き合いを常に優先するのであれば、最初から恋人なんか作らない方が楽ですからね。

3位:自分の時間
やっと入ってきました!(笑)
私は何を差し置いても自分が一番大切です。
こう書いてしまうとナルシストみたいな感じがしますが、自分があってこその人付き合いですよね?
自分の時間を持てない人間が、人といいお付き合いが出来るとは思えません。
リセットしたり向上したり、それは誰かと時間を共有するものではないと思います。
だから、私にとって一番大切なのは自分の時間です。
それがなければ、誰にも優しく出来ないと思っています。

4位:なし
なしと答える人がいるのですね!
これはこれで危険な気がします。
恋人と別れた時はどうなってしまうのでしょうね?

5位:趣味
私の場合は、自分の時間の中に趣味が入っています。
だから、当然のことながら趣味の時間も大切ではあります。
ただし、恋人よりも大切かと言われるとそうでもありません。

6位:仕事
なんだか悲しい答えだなと思ってしまいます。
仕事は裏切りませんけど、それなら恋人なんか作らなくてもいいと思います。

7位:将来の夢
この「将来の夢」を持っているというのは素晴らしい事ですが、こういう人は恋人は作らずにがむしゃらに「将来の夢」に向かって走ればいいと思います。

8位:親友
親友って本当に厄介ですよね?
でも、私にとっての友達の定義は親友に他なりませんので、恋人とどちらが大切かと言われると唸ってしまいます。
親友はそんなに簡単に作れる人間関係ではないですからね。

9位:自分の居場所
なんだか微妙なお答えではありますが、こういうのは同棲している方くらいしか出てこない答えかもしれません。

10位:お金
お金は生きていく為に必要ではありますが、自分を幸せにしてくれるかと言えばそうでもありません。
人間の欲は不思議なもので、お金があればあるほど上を見る傾向にあります。
そして、どんなにお金を使っても幸せになれないのです。
お金でなんとかなるのが世の中ですが、お金で支配出来ないのが自分の心です。

マイコプラズマ肺炎に気を付けて!

木曜日, 10月 25th, 2012

今月の初めごろに風邪を引きました。
熱は出なかったものの、咳が全く止まらない状況で辛かったです。
体が動くのに咳が出続けるって辛いものがありますね。
夜中もそれで眠れなくなることもしばしばで、1週間以上も長引きました。
お陰で、行きたかったライブも断念する羽目に…。

子どもの頃に、マイコプラズマ肺炎に掛かったことがあります。
その時の咳はゴホンゴホンではなく、コホホンコホホンと咳の後に小さな咳が出ているみたいな感じでした。
しかも、喘息のように止まらないものです。

このマイコプラズマ肺炎は流行のピークが冬であるそうですが、どういう訳だか今年は既に猛威を振るっているようです。
私の場合は激しい咳だけだったので単なる風邪だったと勝手に思っていますが、この風邪はどうやらかなり厄介のようです。

風邪が治ったのが今週の頭くらいだったでしょうか?
ウォーキングもずっとやめていたのですが、昨日になって再開しました。
すると、どういう訳だかまた体調不良の兆候が出てきました。
少し咳が出てきて、お腹が下っています。
そして、頭痛も酷くてまいっています。


とりあえず、旦那には移してはいけないと思っていつもウォーキング時に使用しているこちらのマスクを着用中です。
風邪を移さないのはこれが一番ですね!

そう思っていたら、旦那はどうやら別の経路で風邪をもらってきた模様です。
もしかしたらぶり返したのではなくて、旦那の中で培養された菌を空気感染したのかもしれません。
旦那は節々が痛いと言っているので、そのうち熱が出るかもしれません。
そうなる前に点滴を打ちに行ってくると言っておりましたけどね。

私はどうやって治すかですが、とりあえず民間療法で治します(笑)。
お子様のいらっしゃるご家庭は予防に専念してくださいね!

気軽に取れる抗酸化食材

木曜日, 10月 25th, 2012

一生若いままも嫌だけれど、実年齢よりも老けて見えてしまうのもなんだか嫌なものです。
そんな我が儘が、食べ物で解消されるとしたら?
それはどんどん取り入れたいと思いますよね!

美レンジャーに「すぐ手に入る!ちょっと意外な『老けない食べ物』まとめ」という記事がありました。
老ける原因は活性酸素の発生によるもので、それを押さえる食べ物を出来るだけ取り入れることによって抑えることが出来ます。
抗酸化食材はテレビでもよく取り上げられますが、出来ることならいつも手軽に取り入れられる食材がいいですよね?
どんなものがいいのでしょうか?

1.にんにく
健康○族のCMでもお馴染みですが、にんにくは非常に抗酸化力が高いそうです。
しかし、欠点があるとすればニオイですね。
私はにんにく料理が大好きですが、食べ過ぎると口臭も便も臭くなります。
あれだけが耐えられないのです。
口臭はどうにか予防できますが、便のニオイまではどうにも出来ません。
無臭にんにくだとちょっとお高めになりますしね。
味もそれほどいいとは言えません。

2.キャベツ
意外なことに、キャベツも抗酸化力が強いようです。
記事には、サラダでレタスを使う人はキャベツに切り替えるといいと書かれていました。
ただ、キャベツも時期ものですよね?
春キャベツは外れがありませんが、それ以外の時期だと美味しくないなと思えることもあります。
ロールキャベツにしてしまえばいいのですが…。

3.大豆とショウガ
日本人ならば毎日のように大豆を取りますよね?
味噌に入っているのだから。
味噌汁にショウガ汁を加えるといいみたいです。
風邪予防にもなりそうですね!

4.にんじん
にんじんは私が一番好きなお野菜です(笑)。
煮物でもなんでも、にんじんが入る料理にはどこの家庭よりも多く入れてしまいます。
実家では「にんじん臭くなるからやめて」とよく言われていました。
一時期、あまりにも好き過ぎて生でボリボリと食べていました。
その時は自分は馬なのではないかと思いました。